読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のマイカツ!

書きたい事を気のままに。

僕にとっての「仮面ライダー」

というわけで早速書いてみようと思いまして、まずは自己紹介的な記事からのがいいと思ったのでこういう事になりました。
題して、「好きなもの発表会!!」です。
まあ言ってしまえば自分語りの類ですね。それでも書きたいので書きます。

第1弾は僕にとっての「仮面ライダー」について。
今は高校生で、それこそ仮面ライダーは生まれた時からそばにありました。
初めて見たのは「仮面ライダーアギト」。既にライダーの虜になっていた僕は、物心つく前から夢中だったようで、家にはソフビ人形がいっぱいあります。
特に覚えているのが水のエルですね。祖母にアギトストームフォームの人形を頼んだらエルを買ってきました。それでも喜んでいたからまだ可愛げがありますね。

そして翌年の龍騎。これはもう大本命と言っても過言ではないほど好きなんですが、この年から発売されたある食玩のシリーズをずっと集めていました。それが「仮面ライダーキッズ」という指人形。これがまあ好きで好きで、去年のドライブ登場編まで欠かさず買っていました。今年から出ないのが残念ですが。

その後なんやかんやあって、電王までは毎年見ていたのですがキバだけ1話と最終話しか見てないんです。まあ当時丁度卒業する時期だったんですけどこれだけは悔しくて、この前ニコニコで配信されてた時に頑張って見ました。でも結局1話と最終話しか見れていません。いつかリベンジしたいです。

さて僕が一番好きなライダーの話になりました。それは「仮面ライダーディケイド」なんですね〜
何故好きかって言いますと、まず士が無茶苦茶かっこいい!!「大体わかった」みたいなクールな感じが大好きです。
次に設定!もう他の世界へ渡れるって時点ですごいのに、他のライダーに変身までできてしまう。夢のような仮面ライダー
他にもデザインとか色々あるんですがそこは割愛して、まあディケイドが僕をライダーに戻したキッカケなんですよ。今までのライダーが出るという所に惹かれて、最初はファイズ目当てで見ましたからね。それが今じゃディケイドのファン。やっぱり何かのキッカケになった物って、自分の中でも大切になるんですよね。それを今改めて気づきました。
ディケイドはお話的にはもう悪い意味でメチャクチャなんですけど、単純に再構成したライダー達はどれも魅力的(アマゾンとネガの世界は除く)で、特にブレイドの世界のカズマ、カブトの世界のソウジなんかは気に入っています。今ニコニコでもやってますけど、やっぱりカブトの世界は良いですね。クロックアップの世界から抜け出せなくなったカブトと、帰りを待ち続けるまゆちゃん。家族愛という形のラブストーリーのような、そんな印象を持ちます。クロックアップ対アクセルフォームとか、他の世界でのイマジン決めゼリフへの反応とか、ファンサービスが多いのも素晴らしいですね。
ちなみに個人的なお気に入りエピソードはブレイドの世界と、ウィザードの最終話です。ウィザード最終話はちょっと反則ですけど、あれは紛れもなく「仮面ライダーディケイド」でしたし、入れてもいいでしょう(笑)
ブレイドの世界は、士が上に立った途端態度がでかくなるとこが好きです(笑)
なんだか士の人間的な部分が表れていて、記憶喪失でもちゃんと門矢士という人間である所が伝わってきていいです。
ウィザードの最終話は、当時次回予告で士が出ててもう泣きながら暴れてたのを覚えています。多分今また来たら号泣しますね。
実際本編での士の扱いもかなり良くて、説教は聴けるしクウガはライジングアルティメットだし、何よりウィザードと共演したっていうのが一番です。ディケイドは世界を繋ぐライダーなので、これからも通りすがってライダーの魂を繋いで欲しい。それとこの回の脚本が會川さんで、やっぱいいなぁと思いました。結局本当のディケイドの結末はわからずじまいですから、是非とも映像化して頂きたい。20周年の時にでもどうですかね…

それでまあその翌年からはまたライダーを見始めて、今じゃライダー大好き人間になってます。
ちなみに昭和ライダーは何話か、バラバラで小学生の時に見たりしていたので、ある程度はわかりますね。今はニコニコでV3を見ているんですが、やっぱりかっこいい。
マスクの顎部分が長いところとか、首元の襟とか、宮内洋さんとか、ほんとにかっこいいです。
父がV3直撃世代なので、V3に関してはかなり話を聞いたりしていました。
そういえば昔、「ロジャーラビット」のVHSと間違えてV3を借りたことがあるんですが、未だに何故間違えたのか謎。もしやデストロンの戦闘員が…??(笑)

まあまあ長々とつまらない話をしましたが、これでも全然かけてないですね…びっくりです。
第二弾はアイカツの話かなあ。もう今すぐにでも更新したい。